Alienum phaedrum torquatos nec eu, vis detraxit periculis ex, nihil expetendis in mei. Mei an pericula euripidis, hinc partem.
 

第8回 江守 正多 先生

第8回 江守 正多 先生

Info

サステナブルな未来にしたいけれど、何をどうすればいいのか、わからないことだらけ。

自然が壊れても、人権を無視しても、生物がいなくなっても、
売上の方が大事という社会のままでいいと思いますか?

もし「自然資本」「人的資本」「人口資本」の価値も数値化できるようになったら、
サステナブルな社会が実現できるのでは?

「教えてサステナブル先生!」では、さまざまな分野の専門家をお招きし、みなさんの質問に答えていただきます。

あなたが知りたいと思うことは、きっと他の人も知りたいはず。
この機会にどしどし質問して、理解の幅を広げましょう。

 

「2回連続『化石賞』からの脱却。日本はどうする!」

 

予定している内容:
・どうして日本は2回連続で「化石賞」を受賞してしまったの?
・世界と日本の気候変動の現状
・日本が化石賞からV字回復をするためにどうすればいい?
・若者としてできることは?
開催概要
日程:2021年11月27日(土) 10:00〜12:00 JST
形式:Zoom開催・参加費無料
対象:年齢制限なし

サステナブル先生紹介:

江守 正多 -Emori Seita –

1970年神奈川県生まれ。
1997年に東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程にて博士号(学術)を取得後、国立環境研究所に勤務。2021年より地球システム領域 副領域長。社会対話・協働推進室長(Twitter@taiwa_kankyo)。東京大学 総合文化研究科 客員教授。専門は気候科学。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次および第6次評価報告書 主執筆者。著書に「異常気象と人類の選択」「地球温暖化の予測は『正しい』か?」、共著書に「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?」「温暖化論のホンネ」等。

 

Info
Location: オンライン
Date: 2021年11月27日
End Date: 2021年11月27日