教えてサステナブル先生!

あなたの質問に答えます!
第4回 「教えてサステナブル先生!」

2021年7月4日(日) 10:00〜12:00 JST
参加費無料/Zoom開催/年齢制限なし

サステナブルな未来にしたいけれど、何をどうすればいいのか、わからないことだらけ。

自然が壊れても、人権を無視しても、生物がいなくなっても、
売上の方が大事という社会のままでいいと思いますか?

もし「自然資本」「人的資本」「人口資本」の価値も数値化できるようになったら、
サステナブルな社会が実現できるのでは?

「教えてサステナブル先生!」では、さまざまな分野の専門家をお招きし、みなさんの質問に答えていただきます。

あなたが知りたいと思うことは、きっと他の人も知りたいはず。
この機会にどしどし質問して、理解の幅を広げましょう。

ぜひご参加ください!
参加フォームはこちら

講師紹介

鈴木 素 先生
鈴木 素 先生

鈴木 素

- Suzuki Moto -

hap株式会社 代表取締役。
世界初の快適多機能性素材「COVEROSS®シリーズ」を手掛け、ファッションの提案・企画・生産管理も行う。また、製造過程で化学薬品を極力使わず、水や電力の消費を半分に抑える技術の開発も行う。
フィンランドのサーキュラーエコノミー開発団体『telaketju』に日本企業で唯一加盟。

Message

「天然繊維等にも同時に最大10個程度の機能性(抗菌や消臭・・・」
下記のようなお話をしたいと思います。

⭐︎アパレル産業は石油業界の次に環境負荷が高い!?
① 日本の洋服自給率(輸入浸透率)
② 洋服のリサイクル比率は?→年間30億枚生産され売れ残りが14億枚、その殆どが廃棄へ
③ 化繊とコットンとレーヨン等の生産比率や環境負荷の特性
④ 洋服のサプライチェーンと人権問題等
⑤ ヨーロッパのサーキュラーファッションに対する考え方や取組み
⑥ 日本のサーキュラーファッションの取組み等
⑦ hapのサーキュラーファッションの取組み等
⑧ スマートウェアやテクノロジーによる変化による将来の洋服の可能性?
⑨ 日本でサーキュラーファッションを普及させるためには?

参加へのプロセス

こちらの参加フォームからご登録ください。

こちらの参加フォームからご登録ください。
SWiTCHのメンバー登録にもなります。 参加フォームはこちら

 
Zoomの招待が届きますので、当日ログインしてください。

Zoomの招待が届きますので、当日ログインしてください。
*参加登録が必要です。

 
zoomの様子

当日は、集まった質問に先生が答えてくれます。

 
後日閲覧できます

セミナーの内容は録画され、後日メンバーの方は閲覧できます。

 

今までの「教えてサステナブル先生!」

TOPへ戻る