Alienum phaedrum torquatos nec eu, vis detraxit periculis ex, nihil expetendis in mei. Mei an pericula euripidis, hinc partem.

教えてサステナブル先生!

「教えてサステナブル先生!」について

サステナブルな未来にしたいけれど、何をどうすればいいのか、わからないことだらけ。

自然が壊れても、人権を無視しても、生物がいなくなっても、
売上の方が大事という社会のままでいいと思いますか?

もし「自然資本」「人的資本」「人口資本」の価値も数値化できるようになったら、
サステナブルな社会が実現できるのでは?

「教えてサステナブル先生!」では、さまざまな分野の専門家をお招きし、みなさんの質問に答えていただきます。

あなたが知りたいと思うことは、きっと他の人も知りたいはず。
この機会にどしどし質問して、理解の幅を広げましょう。

ぜひご参加ください!

第10回 「教えてサステナブル先生!」開催します!

脱炭素に向けた
次世代のエネルギーの地産地消とは?

 

〜終了しました〜

開催概要


予定している内容:

レクチャー
なぜ地域で再エネを普及することが重要か
日本、地域で再エネを増やしていくときの課題、そしてどう解決するか
地域住民とのコミュニケーションで見えてくる、その理想の姿とそこにいたる道筋を考える
再エネが地域にどう影響するか?

インターラクティブなQ&A
 山東先生に好きな質問を投げかけよう!

まとめ

 

日程:2022年4月30日(土) 10:00〜12:00 JST

形式:Zoom開催・参加費無料
対象:年齢制限なし

講師紹介

山東 晃大 先生

山東 晃大(Akihiro Sando)先生

公益財団法人自然エネルギー財団 上級研究員。
元京都大学先端政策分析研究センター研究員。博士(経済学)。研究テーマは、再生可能エネルギーによって地域に落ちるお金を数値化する地域経済効果の分析。また2012年から4年間、長崎県小浜温泉で地域住民と一緒に小規模地熱発電所の設置に携わる。その際に、地域と共生する再生可能エネルギーの重要性に気づき、地域住民や地方自治体との合意形成を促進する地域経済付加価値分析(RVA)を開発した。現在は、主に地熱発電と洋上風力発電地域で研究と分析に取り組む。

参加へのプロセス

01

こちらの参加フォームからご登録ください。
SWiTCHのメンバー登録にもなります。

02

Zoomの招待が届きますので、当日ログインしてください。

*参加登録が必要です。

03

当日は、参加者同士との対話と事前に集まった質問に先生が答えてくれます。セッションでもぜひサステナブル先生に質問をしてください!

今までの「教えてサステナブル先生!」