Alienum phaedrum torquatos nec eu, vis detraxit periculis ex, nihil expetendis in mei. Mei an pericula euripidis, hinc partem.

Archive

サステナブルな未来にしたいけれど、何をどうすればいいのか、わからないことだらけ。 自然が壊れても、人権を無視しても、生物がいなくなっても、 売上の方が大事という社会のままでいいと思いますか? もし「自然資本」「人的資本」「人口資本」の価値も数値化できるようになったら、 サステナブルな社会が実現できるのでは? 「教えてサステナブル先生!」では、さまざまな分野の専門家をお招きし、みなさんの質問に答えていただきます。 あなたが知りたいと思うことは、きっと他の人も知りたいはず。 この機会にどしどし質問して、理解の幅を広げましょう。   小学校の特別活動でSDGsに取組む校長先生と話をしよう!   予定している内容: Coming Soon こんな人にオススメ: Coming Soon 開催概要 日程:2021年10月3日(日) 10:00〜12:00 JST 形式:Zoom開催・参加費無料 対象:年齢制限なし [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 講師紹介 清水 弘美(Shimizu Hiromi ) 八王子市立浅川小学校 校長 特別活動で学校経営に取り組み、子供たちの自己肯定感を高め楽しい学校生活を実現。全国小学校学校行事研究会会長他、特別活動の研究会を牽引。 環境省、森里川海プロジェクトアンバサダー。令和2年度ユネスコスクールのESD大賞にて最優秀賞受賞。   Message from Shimizu Hiromi Coming Soon   [edgtf_button size="" type="" text="参加フォームはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfD88j-SkHGfpkZp3kGNCkB3w_KKdkJsuqmkXmn5_8f43vldA/viewform" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

Y20 はG20の若者エンゲージメントグループです。Y20サミットでまとめた若者の政策提言を「Communique」としてG20に提出します。 2021年のY20サミットは「国際貿易」「環境とビジネス」「仕事の未来」のテーマでした。 一般社団法人SWiTCHは、Y20の公認国際コンサルタント団体として、日本の現状を踏まえて発言し、以下の2点が「Communique」に採用されました。 重要な政策決議の場へ、若者をはじめとした多様なステークホルダーが公平に参加すること。 GDPの代わりとなる「新国富指標」により、社会・経済・環境のバランスを保つシステムを導入すること。   [edgtf_button size="" type="" text="Y20 Communiqueはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2021/09/Y20_Communique.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

弊社の2025年の大阪万博に向けた「1万人のサステナブルアンバサダー育成」プログラムについてWWDに取材を受けました! [edgtf_button size="" type="" text="記事はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.wwdjapan.com/articles/1250341" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

サステナブルな未来にしたいけれど、何をどうすればいいのか、わからないことだらけ。 自然が壊れても、人権を無視しても、生物がいなくなっても、 売上の方が大事という社会のままでいいと思いますか? もし「自然資本」「人的資本」「人口資本」の価値も数値化できるようになったら、 サステナブルな社会が実現できるのでは? 「教えてサステナブル先生!」では、さまざまな分野の専門家をお招きし、みなさんの質問に答えていただきます。 あなたが知りたいと思うことは、きっと他の人も知りたいはず。 この機会にどしどし質問して、理解の幅を広げましょう。   「服の環境負担をなくしたい!〜オーガニックコットンで循環型を目指すパイオニアと話をしよう!」   予定している内容: ・オーガニックコットンってなに? ・オーガニックコットンと世界の児童労働問題 ・GMOとコットン栽培のつながり ・コットンの循環性を目指して ・女性や若者のサステナブルな社会づくりに向けたアクション こんな人にオススメ: ・コットンの環境負荷について知りたい方 ・衣料の循環について興味がある方 ・サステナブル化に貢献するビジネスについて知りたい方  開催概要 日程:2021年9月11日(土) 10:00〜12:00 JST 形式:Zoom開催・参加費無料 対象:年齢制限なし [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生紹介: 渡邊 智惠子 -Watanabe Chieko - 株式会社アバンティ代表取締役会長 1985年株式会社アバンティを設立。日本でのオーガニックコットンの製品製造のパイオニア。企業活動以外に、オーガニックコットンの啓蒙普及と認証機関としてのNPO日本オーガニックコットン協会(JOCA)を設立。グローバルスタンダード(GOTS)の基準作りにも関わる。これまで活動、実績が評価され、2005年国際オーガニック繊維品会議でオーガニックコットン繊維賞を受賞。2009年毎日ファッション大賞受賞、2010年日経ビジネスウィメン、リーダー部門受賞、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」に社会起業家として取り上げられる。その後、2016年一般財団法人森から海へ設立、代表理事就任。2017年一般財団法人22世紀に残すもの 発起人として活動を始める等各分野でも活動している。今年2021年3月には一般社団法人サーキュラーコットンファクトリーを設立し、繊維の循環システムづくりを目指す。   Message from Watanabe Chieko 私たちの生活の中でなくてはならないものは衣食住であります。 どうしてこの衣、食、住、の順番になっているのでしょうか? この世の中にお母さんのお腹の中からぽっこり生まれ落ちた時に一番先に必要なのが「おくるみ」身体を包むもの、その次がオッパイ、そして住むところです。 このようにとても大事な「衣」の部分が実は大きな環境破壊と人道的搾取があります。 最近はユニクロが新疆ウイグル地区における強制労働の中で製品作りをしているということで、アメリカへの販売ができなくなった事、記憶にあると思います。 そのような事が世界で起きています。 多くの犠牲を強いて作られてる「衣」の現状を知り、その解決策を皆さんで探っていきませんか?...

水問題に関連するウェビナー(オンライン講演会)とゲームを通してSDGsについて学ぶワークショップを開催。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 【イベント概要】 ◎講演タイトル:世界の若者が取り組んでいるSDGs ◎日時:2021年8/1(日)10:00~17:00 ◎登壇者:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座槙苗(さざ・まな)氏 ◎対象者:高校生 ◎オンライン配信のみ ◎主催:熊本青年会議所 ◎後援:熊本市...

サステナブルな未来にしたいけれど、何をどうすればいいのか、わからないことだらけ。 自然が壊れても、人権を無視しても、生物がいなくなっても、 売上の方が大事という社会のままでいいと思いますか? もし「自然資本」「人的資本」「人口資本」の価値も数値化できるようになったら、 サステナブルな社会が実現できるのでは? 「教えてサステナブル先生!」では、さまざまな分野の専門家をお招きし、みなさんの質問に答えていただきます。 あなたが知りたいと思うことは、きっと他の人も知りたいはず。 この機会にどしどし質問して、理解の幅を広げましょう。   「11月に開催される気候変動会議「COP26」日本にできることは?NHKエンタープライズから気候変動について発信している堅達先生に質問してみよう!」   予定している内容: ・堅達先生が気候変動関連の番組を制作することになったきっかけ ・10月31日から始まるCOP26。日本の役割は? ・日本の脱炭素ロードマップは大丈夫? ・日本のニュースの役割〜若者はどうニュースと向き合うべきか ・若者は気候危機にどうやって貢献できる? ・その他、事前に寄せられた質問へのコメント 参加をオススメしたい方: ・COP26に貢献したいけど、どうすればいいかわからない! ・日本の脱炭素ロードマップで本当に1.5℃目標は達成できるの? ・気候変動アクションを起こしたい!  開催概要 日程:2021年8月22日(日) 10:00〜12:00 JST 形式:Zoom開催・参加費無料 対象:年齢制限なし [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生紹介: 堅達 京子 - Gendatsu Kyoko - NHKエンタープライズ〜エグゼクティブ・プロデューサー 1965年、福井県生まれ。早稲田大学、ソルボンヌ大学留学を経て、1988年、NHK入局、報道番組のディレクター。2006年よりプロデューサー。NHK環境キャンペーンの責任者を務め、気候変動やSDGsをテーマに数多くの番組を放送。NHKスペシャル『激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃』 『2030 未来への分岐点 暴走する温暖化 “脱炭素”への挑戦』 BS1スペシャル『グリーンリカバリーをめざせ!ビジネス界が挑む脱炭素』など。2021年8月、株式会社NHKエンタープライズに転籍。日本環境ジャーナリストの会副会長。環境省中央環境審議会臨時委員。文部科学省環境エネルギー科学技術委員会専門委員。世界経済フォーラムGlobal Future Council on Japanメンバー。主な著書に『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』。   Message from Gendatsu Kyoko   いま、私たちは大きな分岐点に立っています。 気候危機を食い止め、みんなが幸せに自分らしく暮らせるサステナブルな社会をつくることができるのか。それとも、地球の防衛ラインといわれる産業革命前からの1.5度の気温上昇を突破して、温暖化のドミノ倒しが起きかねない、危険な世界で生きていくのか。 大量生産・大量消費・大量廃棄というこれまでの経済のあり方では、地球の限界を超えてしまいます。未来を変えるカギを握っているのは、実際に、この新しい激動の時代を生きていく若者たちです。 今年は、国連IPCCの第6次評価報告書の発表、生物多様性のCOP15、そして気候変動のCOP26という人類の未来を決めるイベントが相次ぐ、重要な年。 若者たちに何ができるのか? 気候危機の現状を知り、どうやって行動を起こしていけるのか? 一緒に考えていきましょう。   [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2021/08/2021_08_19教えてサステナブル先生堅達報告書202100822_FINAL_2.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]   ...

2020年11月、日本においてもグローバルアジェンダである気候非常事態に関わるネットワーク CENが設立されました。その翌日翌々日には日本の衆参両院において「気候非常事態宣言」が可決され、日本の菅首相が2050年までの日本のCO2実質排出ゼロを宣言したことも勢いとなり、現在、日本の社会の脱炭素化への劇的転換には目を見張るばかりです。 国連において2015年9月にSDGsが採択され環境・社会・経済の3軸を結ぶ次世代への持続可能な開発への取り組みも発展的実践が求められ、地域循環共生圏への国内の取り組みもいよいよ産官学民連携によりマルチステークホルダーが繋がりあって、具体的成果を見つめながら進みゆく2021年。 その初頭に、地球市民の視点から、ハワイと日本をつなぎ、未来を担うユース代表の方々とコミュニティが取り組む気候非常事態へのアクションプランを社会発信します。 いま、私たちの未来のためのコラボレーションとして、何を知り、何を分かち合い、何をアクションすれば良いのでしょうか。世代を超えて、国境を越えて、向かいゆく道を探索します。 未来を卓見して、いま・ここに取り組む「VISIONARY INSTITUTE」では、2010年から地球環境問題やその対策に向けた市民活動とその学習と実践を目的に、academyhillsにおけるフォーラムを実施しています。 今回は気候非常事態に関わる提言、カーボンニュートラルを目指すための重要な取り組みについての事前参考として、以下の二本のyoutube配信を視聴していただくことで、一層の理解を深めていただけるようご協力を得ています。 ■事前参考ビデオ<1> エコプロonline2020において国立研究開発法人科学技術振興機構ブースから11月27日に配信された 気候非常事態ネットワーク(CEN)始動! ~自由で包摂かつ公正なカーボンニュートラル社会への国民運動時代~ ■事前参考ビデオ<2> パリ協定5周年記念の一環として12月8日に開催された 日EU気候イベント 「京都議定書からパリ協定、そしてその先へ-2050年、日本とEUは共にカーボンニュートラルを目指す-」 私たちの Think Globally, Act Locally 「大局着眼・小局着手」 による、できることをできることからチャレンジするための事前参考としてご視聴くださいませ。 当日は、ハワイ州の100%再生エネルギー化達成を目指す気候変動の問題解決への取り組みとともに、ブループラネット財団において3つの軸「果敢な政治的支持」「コミュニティ活動」「クリーンエネルギーの知識向上」が取り組まれている、社会と経済への貢献プロセスとその啓蒙、成果についても共有を進めます。 また、企業事例として、虎ノ門ー麻布台プロジェクトでの環境課題に向けた森ビルの取り組みもご紹介します。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 【イベント概要】 ◎日時:2021年01月30日 (土)  11:00~13:00 ◎登壇者:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座槙苗(さざ・まな)氏 ◎参加料:無料 ◎オンライン配信のみ ◎主催:アカデミーヒルズ ◎共催:気候非常事態ネットワークCEN / 一般社団法人ユースエコ ◎プログラム提供:株式会社エムシープランニング ◎協力:国立研究開発法人科学技術振興機構 日欧産業協力センター(事前参考プログラム協力)   [edgtf_button size="" type="" text="詳細はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.academyhills.com/seminar/detail/20210130.html" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

「CSR&コンプライアンス研究フォーラム」は2002年に《企業の自己責任を中心にグローバル市場に通用する製品を訴求して、国際的に認められる企業価値を期待する》ことを目的として設立されました。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 【イベント概要】 ◎テーマ:「若者の目線からみたサステナビィリティ」 ◎日時:2021年3月18日(木)14:30~17:30 ◎登壇者:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座槙苗(さざ・まな)氏 ◎参加料:無料 ◎オンライン配信のみ ◎主催:エコテックジャパン株式会社...

サステナブルファッション教育をテーマにFashion Revolution Week期間中にFashion Revolution関連イベントとしてオンラインイベントを開催します。 セントラル・セント・マーチンズのサステナブルファッションコースを受講し、帰国後ヴィンテージ着物をアップサイクルしたブランド「MUSKAAN」を展開する石坂さんと、ロンドン大学大学院サステナブル・ディベロップメントコースに在学中ながら一般社団法人SWITCHを立ち上げ、循環型の未来つくりに挑戦をしている佐座さんをゲストにファッションのESD(Education for Sustainable Development)について考えます。   ファッション業界に大きな衝撃を与えた2013年4月24日に1138人が死亡したバングラデシュのラナプラザ崩壊事故。この事故をきっかけに、もっとフェアで安全な環境を作るため世界最大のムーブメントが始まりました。それが「Fashion Revolution」です。 2014年4月24日を「Fashion Revolution Day」として“より公平に、安全に、明確に、そしてより透明性をファッション産業に”をビジョンに掲げ世界各地でファッションを変革するための働きかけをしています。2016年から「Fashion Revolution Week」として1日に限定せず、個人や団体で参加できる様々なコンテンツやイベントを提案しています。今年のFashion Revolution Weekは4月19日〜25日です。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 【イベント概要】 ◎日時:2021年4月21日(水)19:00~21:00 ◎登壇者:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座槙苗(さざ・まな)氏 ◎参加料:無料 ◎オンライン配信のみ ◎主催:FashionGood lab. ◎協力:ファッションビジネス学会 Fashion Good 研究会   [edgtf_button size="" type="" text="詳細はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://fashiongoodlab002.peatix.com" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...