Alienum phaedrum torquatos nec eu, vis detraxit periculis ex, nihil expetendis in mei. Mei an pericula euripidis, hinc partem.

Archive

渋谷から サステナブルなアーバンカルチャーを世界へ 2015 年 全世界がパリ協定に合意する中、日本では 2050 年までのカーボンニュートラル実現の目標を掲げ、831 自治体がゼロカー ボンシティ宣言を行いました。渋谷区は、環境基本計画 (2023 年改定 ) の中で「2030 年度までの温室効果ガス削減目標」を宣言。 脱炭素に向けての取り組みが求められています。 「CNUD( カーボンニュートラルアーバンデザイン )」は、渋谷の産官学が脱炭素についての議論を重ねる場として、最新の脱炭 素技術や制度情報を共有し、渋谷が世界一サステナブルな街になるよう目指します。 CNUDを共同で運営する渋谷未来デザインとSWiTCHが10月4日(水)、CNUDのキックオフイベント「CNUD Vol.0 KICKOFF EVENT 」を開催しました。 【第1部】CNUD 紹介/組織/事業内容について 金山淳吾 一般財団法人渋谷区観光協会 代表理事/ SIW エグゼクティブプロデューサー 【第2部】「脱炭素」を考えるシリーズトーク 「脱炭素と経済 - 国連環境計画発行教材をベースに考える」 一般社団法人 SWiTCH 代表理事 【第3部】参加者による大ピッチ大会 参加者の所属団体: ● 大日本印刷株式会社 ● 東急不動産 ● 朝日放送グループホール ディングス ● 株式会社読売広告社 ● パナソニック株式会社 ● ダイキンHVACソリュー ション東京株式会社 ● オールバーズ合同会社 ● 株式会社カマン ● 株式会社 PermaFuture ● 株式会社デジタルガレージ ● レコテック株式会社 ● ヒューリック株式会社 ● リクロマ株式会社 ● JIBUN HAUS. 株式会社 ● Biodata Bank 株式会社 ● プランティオ株式会社 ● インキュベイトファンド ● Earthhacks ●...

3月22日(金)ヒカリエホールで開催される日経SDGsフォーラム特別シンポジウム in 渋谷「SDGs × 渋谷~多様性、共創の街・渋谷でSDGsを考える~」に佐座マナが登壇します。佐座はパネルディスカッション「なぜ、Z世代はSDGsに対する意識が高いのか(仮)」で進行役を務めます。 渋谷から、SDGsを発信する1日—— 日本有数の国際都市として多様性が生まれている街・渋谷。 渋谷ならではのSDGsに関連するテーマを取り上げ、先進的な取り組みを全国に発信し、渋谷から日本のSDGs推進を後押しします。 ーーー 登壇日時 2024年3月22日(金)9:30~17:00(予定) 開催形式:ハイブリッド 会場:ヒカリエホール (東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 9F) 主催:日本経済新聞社、日経BP 特別協力:東急グループ 協賛:NTTドコモ ほか 受講料 無料(要参加申込) 申込期限 【会 場 聴 講】2024年3月19日(火)17:00 【オンライン聴講】2024年3月22日(金)17:00 [edgtf_button size="" type="" text="参加申込はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://events.nikkei.co.jp/64517/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ーーー 【プログラム】 9:30~9:45 ご挨拶 渋谷区長 長谷部 健氏 9:45~10:00 講演 東急不動産 代表取締役社長 星野 浩明氏 10:00~11:00 パネルディスカッション 「生物多様性から渋谷を考える ~業界初TNFDレポートを読み解く~(仮)」 ・環境省 生物多様性主流化室 室長 浜島 直子氏 ・MS&ADインシュアランスグループホールディングス TNFD専任SVP/MS&AD インターリスク総研 フェロー 原口 真氏 ・東急不動産ホールディングス グループサスティナビリティ推進部 部長 松本 恵氏 <進行役>日経ESGシニアエディター/東北大学グリーン未来創造機構・大学院生命科学研究科教授 藤田 香 11:00~12:00 パネルディスカッション 「なぜ、Z世代はSDGsに対する意識が高いのか(仮)」 ・SHIBUYA109 lab.所長 長田 麻衣氏 ・サイバーエージェント データサイエンス マネージャー 藤田 光明氏 <進行役>SWiTCH 代表理事 佐座 マナ氏 13:00~13:30 基調セッション モデル・ラジオナビゲーター 長谷川 ミラ氏 13:30~13:50 講演 東急 取締役社長 堀江...

渋谷から サステナブルなアーバンカルチャーを世界へ 2015 年 全世界がパリ協定に合意する中、日本では 2050 年までのカーボンニュートラル実現の目標を掲げ、831 自治体がゼロカー ボンシティ宣言を行いました。渋谷区は、環境基本計画 (2023 年改定 ) の中で「2030 年度までの温室効果ガス削減目標」を宣言。 脱炭素に向けての取り組みが求められています。 「CNUD( カーボンニュートラルアーバンデザイン )」は、渋谷の産官学が脱炭素についての議論を重ねる場として、最新の脱炭 素技術や制度情報を共有し、渋谷が世界一サステナブルな街になるよう目指します。 CNUDを共同で運営する渋谷未来デザインとSWiTCHが1月23日(火)、「CNUD MEET UP Vol.1」を開催しました。 【第1部】CNUD紹介 / COP28の最新情報報告 報告:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座マナ 【第2部】CNUD member & スタートアップ企業によるピッチ 登壇企業: 株式会社 comvey、株式会社 komham、株式会社インターホールディングス、株式会社 Gab、ウェリズム株式会社、株式会社 ecommit、渋谷ブレンド株式会社、株式会社 CACTUS TOKYO 【第3部】情報交換会 ーーー 開催日時 2024年1月23日 (火)15:00-17:00 形式 ハイブリッド開催 会場:渋谷スクランブルスクエア 15F SHIBUYA QWS 参加者合計:45名 主催:一般社団法人渋谷未来デザイン 共催:一般社団法人SWiTCH [edgtf_button size="" type="" text="イベント詳細はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://fds.or.jp/cnud/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

渋谷から サステナブルなアーバンカルチャーを世界へ 2015 年 全世界がパリ協定に合意する中、日本では 2050年までのカーボンニュートラル実現の目標を掲げ、831自治体がゼロカーボンシティ宣言を行いました。渋谷区は、環境基本計画 (2023年改定 ) の中で「2030年度までの温室効果ガス削減目標」を宣言。 脱炭素に向けての取り組みが求められています。 「CNUD( カーボンニュートラルアーバンデザイン )」は、渋谷の産官学が脱炭素についての議論を重ねる場として、最新の脱炭素技術や制度情報を共有し、渋谷が世界一サステナブルな街になるよう目指します。 3月21日(木)「CNUD MEET UP Vol.2」開催決定! CNUDを共同で運営する渋谷未来デザインとSWiTCHが「CNUD MEET UP Vol.2」を開催します。 当日はCNUD MEMBERによるピッチや、GLOBAL事例の共有、情報交換会を行います! [edgtf_button size="" type="" text="参加登録はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://fds.or.jp/cnud/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] [caption id="attachment_23039" align="aligncenter" width="591"] 「CNUD MEET-UP Vol.1」の様子[/caption] 開催日時 2024年3月21日 (木) 15:30~17:30 開催形式 オンサイト+ Youtube視聴 ▶︎オンサイト会場:SHIBUYA QWS 渋⾕スクランブルスクエア15階SHIBUYA QWS 対象 社会人 主催 一般社団法人渋谷未来デザイン 共催 一般社団法人SWiTCH [edgtf_button size="" type="" text="参加登録はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://fds.or.jp/cnud/" target="_blank"...

3月15日(金)に開催される「第98回 CSR&コンプライアンス研究フォーラム」に佐座マナが登壇します。 [edgtf_button size="" type="" text="イベント詳細はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="http://www.eco-texj.co.jp/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] 登壇日時 2024年3月15日(金)13:30~16:45 開催形式|ハイブリッド 会場:日比谷図書文化館4階 セミナールーム(会員限定 先着20名) WEB:Zoom(非会員のかたも参加可能) 主催 CSR&コンプライアンス研究フォーラム 運営 エコテック・ジャパン株式会社 ーーー 【プログラム】 ①13:40-14:40 「EU繊維戦略の概要と今後の課題 - 繊維産業のサステイナブル産業化への変革を目指して」 講師:株式会社東レ経営研究所 主任研究員 安楽貴代美氏 ②14:50-15:50 「地球1つで暮らすための若者との共創 - COP28に参加して 企業へのメッセージ 」 講師:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座マナ ③15:50- 会員の皆様の近況報告と座談会 ④17:00- 懇親会 自由参加 【講演者情報】 安楽 貴代美 株式会社東レ経営研究所 繊維・市場調査部 主任研究員 千葉大学教育学部卒業。2004年東レ経営研究所入所。国内繊維産業、アパレル産業分野の調査、ならびに欧州のグリーン政策、繊維政策動向の調査を担当。 地方自治体向けの国内産地振興案の策定、官公庁や企業向けの調査事業などを行う。また、繊維業界向け機関誌『繊維トレンド』の取材、執筆、編集も担当。 佐座 マナ 一般社団法人SWiTCH 代表理事 1995年生まれ。カナダ ブリティッシュ・コロンビア大学卒業。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン大学院サステナブル・ディベロプメントコース卒業。Mock COP グローバルコーディネーターとして、140ヵ国の環境専門の若者をまとめ、COP26と各国首相に本格的な18の政策提言を行い、世界的な注目を浴びる。COP26日本ユース代表。 2021年「一般社団法人SWiTCH」を設立。現在は2025年大阪・関西万博に向け、100万人のサステナブルアンバサダー育成プロジェクトを推進中。 ーーー 参加費 会員:無料 / 非会員:3,000円/人 参加形態 会員:会場またはzoom(会場は定員20名先着順) 非会員:zoomのみ 参加申し込み ・会員の方はメールにて事務局にお申し込み下さい(参加形態もご連絡下さい) ・非会員の方は公式サイトからpeatixにてお申し込み下さい [edgtf_button size="" type="" text="参加申込はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="http://www.eco-texj.co.jp/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color=""...

公益社団法人 環境科学会が主催する「2023年度 環境科学会 市民公開講演会」に佐座マナが登壇します。 『持続可能社会への変革に向けた研究と実践 - カーボンニュートラルを例に』 持続可能社会の実現に向けて、社会転換を支える研究や実践の推進はますます重要になっています。本講演会では、カーボンニュートラルをテーマに取り上げ、社会変革に向けた実践や研究事例について話題提供を行うとともに、社会変革の実践を支える環境科学研究のあり方や今後の展望を議論します。 [edgtf_button size="" type="" text="イベント詳細はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.ses.or.jp/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] <登壇概要> 登壇日時 2024年3月2日(土)14:00-16:00 会場 法政大学市ヶ谷キャンパス大内山校舎4階 Y406教室(ウェビナー配信あり) 主催 公益社団法人 環境科学会 後援 フューチャー・アース日本委員会 【プログラム】 開会挨拶:藤倉良 環境科学会会長 法政大学教授 講演: 1. 磐田朋子 芝浦工業大学 副学長『産官学連携で取り組む地域のカーボンニュートラル化』 2. 鈴木智博 大阪大学サステイナブルキャンパスオフィス 准教授『大阪大学キャンパスにおけるカーボンニュートラルに向けた ZEB化の取組み』 3. 佐座マナ 一般社団法人 SWiTCH 代表理事『地球1つで暮らすために〜若者の声を活かす国際事例』 4. 佐々木努 株式会社日本総合研究所リサーチ・コンサルティング部門グリーン・マーケ ティング・ラボ ラボ長/プリンシパル『生活者行動変容を通じたカーボンニュートラルへの挑戦』 全体ディスカッション:司会進行 山内太郎 北海道大学教授 閉会挨拶:原圭史郎 大阪大学教授 【講演要旨】 磐田朋子 芝浦工業大学 副学長 持続可能な地域のカーボンニュートラル化を進めるためには、住民や地元企業、そして金融機 関と行政の連携が不可欠です。本講演では、脱炭素ドミノの起点となるべく選定された脱炭素 先行地域の各種取組み事例とそのポイントをご紹介します。さらに、地域のカーボンニュートラル化における教育機関の役割について、期待される効果と当事者として感じている課題をお話しします。 鈴木智博 大阪大学サステイナブルキャンパスオフィス 准教授 カーボンニュートラルに向けて、本学では、「2030年に温暖化ガス排出量を55%削減する」目標と新しいエネルギー基本方針を決定しました。その基本方針では国立大学初の「今後建築あるいは全面改修する建物はZEB Ready以上とすること」を明記しています。本報告では、その基本方針に基づきZEB化した2事例(国立大学初新築 ZEB Ready 研究棟、国立大学初ZEB...

世代・業界を超え、札幌の未来のためにつながる 雪は、魅力的な文化を支える重要な存在です。札幌を含めた日本の多くの都市は、雪と共存してきました。 しかし、加速する気候変動によってその雪に異常が発生しつつあります。 G7をきっかけにスタートした『若者との共創プロジェクト』の報告から、 美しい雪を守るために、我々に何ができるのか、雪をとりまく環境について話し合います。 日時:2月12日(月・祝)14:00-16:00 場所:札幌文化芸術交流センター SCARTS(札幌市中央区北1条西1丁目) 参加費:無料 [edgtf_button size="" type="" text="参加登録はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSezCIZiznwkVUsWjj7o18EZOksUS5-raPzS1gj-GK37_K6sJw/viewform" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] 「環境首都・札幌」の課題についての対話 意識調査の結果を踏まえ、「環境首都・札幌」を掲げる札幌の課題を考えます。 「さっぽろエコ市民26の誓い」に対する、札幌に住む若者や札幌に観光にくる若者の生の声を拾い、 環境首都を実現するため、若者から札幌市長に提案します。 「環境首都・札幌」を実現するためにできる共創とは 2023年、札幌市で開催されたG7気候・エネルギー・環境大臣会合をきっかけにスタートした「若者との共創プロジェクト」。 そこから「チャレンジ1.5°C アワード」が生まれ、実施に向けて進み始めています。 共創に参加する札幌企業の経営者から「環境首都・札幌」実現に向けた共創についてのメッセージと、 企業が実施している取り組みについて紹介いただき、若者・企業・自治体の共創を日本全国に広げるためにできることを考えます。   [edgtf_button size="" type="" text="チラシはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2024/01/20240126_若者との共創PRJ報告会.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] 意識調査 そして2つ目が今回、皆様へのご協力をお願いしている、「サステナブルアクション意識調査」です。 調査を通じて「日本がサステナブルな社会になるために必要なものを分析」し、より着実にサステナブル化を進めていきます。 [edgtf_button size="" type="" text="意識調査に参加" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXlpIqJ7EArjJsSZwgGGITjfQP7_iJHLU43TaKNbXic6uryQ/viewform" target="_blank"...

  [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/shibuya-cop2023/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

日本財団と「海と日本プロジェクト」について: 『痛みも、希望も、未来も、共に。』をコンセプトに世界中のあらゆるネットワークに働きかけながら活動してる財団です。 そしてその活動の一環として、「海と日本プロジェクト」があります。 「海と人と人をつなぐ」をテーマに、海を守り、未来へ引き継いでいくために総合海洋政策本部、国土交通省と共に推進されているプロジェクトです。 「海と日本プロジェクト」が推進するアクションには5つあり、その中でもSWiTCHは「海を学ぼう!」のアクションに共感し、プロジェクトを進めています。 SWiTCH x 日本財団と「海と日本プロジェクト」 リテラシー向上 未来を担う若者と様々な経験や知識、影響力を持つ世代や社会がつなげ、日本のサステナブル化を促進していく上で、SWiTCHは主に2つのことを行なっています。 1つ目は、「若者・企業・自治体・アカデミアの対話を通じてサステナブルな社会への道筋を考える」ことを目的とした、「SWiTCH chat for action」です。 今までに2回開催し、京都大学、北海道大学、東京大学のアカデミアと若者が対話し、環境問題、これからの海について真剣に考え、自分ごと化する機会となりました。 また、参加者は「海の環境問題」や「海と私たちの生活のつながり」に対して新しい視座を得られました。 「SWiTCH chat for action 1」レポートはこちら 「SWiTCH chat for action 2」レポートはこちら 「SWiTCH chat for action 3」レポート Coming Soon 意識調査 そして2つ目が今回、皆様へのご協力をお願いしている、「サステナブルアクション意識調査」です。 調査を通じて「日本がサステナブルな社会になるために必要なものを分析」し、より着実にサステナブル化を進めていきます。 [edgtf_button size="" type="" text="意識調査に参加" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfXlpIqJ7EArjJsSZwgGGITjfQP7_iJHLU43TaKNbXic6uryQ/viewform" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] 主催:一般社団法人SWiTCH 助成:日本財団 海と日本プロジェクト 助成期間:2023年~ ...

ライフスタイルからSDGsをはじめとする先進的な取り組みまで、グローバル都市「東京都」の魅力を伝えるメディア「TOKYO UPDATES」にSWiTCHの代表・佐座が取材を受けた記事が掲載されました。 [edgtf_button size="" type="" text="オリジナル記事はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.tokyoupdates.metro.tokyo.lg.jp/post-1181/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]   [caption id="attachment_22752" align="alignnone" width="777"] TOKYO UPDATES[/caption] [edgtf_button size="" type="" text="オリジナル記事はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.tokyoupdates.metro.tokyo.lg.jp/post-1181/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]   掲載媒体:「!」が見つかるメディア TOKYO UPDATES 公開日:2023年12月8日 記事タイトル:地球の危機を自分事に捉え、若者の未来を共創する ...