Alienum phaedrum torquatos nec eu, vis detraxit periculis ex, nihil expetendis in mei. Mei an pericula euripidis, hinc partem.

Archive

[caption id="attachment_19160" align="alignnone" width="583"] (番組公式サイト配信動画より)[/caption]   SDGsの課題解決に取り組む人に密着するフジテレビ番組 「フューチャーランナーズ~17の未来~」に代表理事 佐座が出演しました。 ■番組名 フジテレビ「フューチャーランナーズ~17の未来~」 ■放送日程 フジテレビ地上波・関東ローカル 2022年1月5日(水)23:34〜23:39  BSフジ・全国放送 2022年1月15日(土)21:55~22:00 ■放送動画 番組公式サイトにて放送動画が公開されています! (*提供部分を抜いた短縮版となります) https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/ トップページ掲載終了後も、下記のアーカイブページ1月5日放送分よりご覧頂けます。 https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/archive.html   [edgtf_button size="" type="" text="番組公式サイトはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

[caption id="attachment_19155" align="alignnone" width="2560"] (提供:J-WAVE)[/caption]   J-WAVE「JK RADIO TOKYO UNITED」に代表理事 佐座が出演しました。 ■番組名 J-WAVE「JK RADIO TOKYO UNITED」 (FM 81.3MHz) ■パーソナリティー ジョン・カビラ ■放送日時 2022年1月7日(金)06:00 – 11:30 10:40 – 10:50「THE HIDDEN STORY」のコーナーに出演! ※Radikoで下記URLより1月14日(金)までタイムフリー聴取が可能です。 佐座マナ出演は 1:41:22〜1:52:40 https://radiko.jp/#!/ts/FMJ/20220107090000 さまざまなモノづくりやサービス、プロジェクトにフォーカスした10分強のコーナー。 10分間のショート・ドキュメンタリーというタッチで、ジョン・カビラのナレーションとともにオンエア。 コーナーサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/the-hidden-story/ [edgtf_button size="" type="" text="番組公式サイトはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

[caption id="attachment_18953" align="alignnone" width="920"] 画像はイベント参加登録サイトより引用[/caption]   「SDGs100人カイギ FINAL」に代表理事 佐座が登壇   企画・進行 こども国連環境会議推進協会、丸善雄松堂株式会社、DNP ほか ーーーーーーーーーーー 登壇日時 2021年12月21日(火)14時00分~17時15分 登壇形式 オンライン開催 コンセプト ・SDGsをテーマに本気(ガチ)で活動をしている面白い人の話を聞く、出会える ・SDGsについて活動をしている人、興味ある人をつなぎ、ゆるやかなコミュニティを創る ・肩書や属性ではなく、SDGsや未来に対する「想い」でつながる 登壇者 森永製菓株式会社取締役常務執行役員 宮井真千子さん スウェーデン大使館政治・気候変動・環境担当官 アップルヤード和美さん 一般社団法人SWiTCH代表理事 佐座マナ 横浜市立日枝小学校主幹教諭 前園兼作さん   [edgtf_button size="" type="" text="イベント詳細はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://sdgs100vol25.peatix.com/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

[caption id="attachment_19139" align="alignnone" width="893"] (NHK 番組予告動画より)[/caption]   ■番組名 「気候危機を食い止めたい! 若者たちが挑むCOP26」 ■初回放送日 NHK総合1 2022年1月10日(月)10:05-10:50 佐座槙苗が3ヶ月密着取材を受けた番組が放送されました。 ■番組概要 ▽高校生や大学生が脱石炭など温暖化対策を求めて英グラスゴーのCOP26に参加。 グレタや深刻な異常気象の被害を受けている世界の若者たちとの出会いに密着 ▽1.5℃に気温上昇を抑えなければ自分たちの未来はない! でも大人たちに伝わらない危機感。今できることは? 成人の日、Z世代の本音に迫る ▽数万人が声を上げるデモ、科学者との対話で生まれた変化 ▽日本の政治家に問う「気候危機」。鹿児島20歳の挑戦。#SDGs [edgtf_button size="" type="" text="NHK番組サイトはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.nhk.jp/p/ts/9V4GJPKMVJ/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

朝日新聞SDGs ACTION!ウェビナーに、 気候危機に立ち向かうゲストの一人として代表理事 佐座が登壇   主催 朝日新聞SDGs ACTION!編集部 ーーーーーーーーーーーーーー 登壇日時 2021年10月23日(土)20:00~21:00 テーマ 気候危機、私たちができること 登壇者 一般社団法人SWiTCH代表理事の佐座槙苗(さざ・まな)(26) ロンドン大学大学院サステナブル・ディベロプメントコースに在学中で、20年のCOP26が延期されたことを問題視した若者たちが立ち上げた「Mock COP26」のグローバルコーディネーターを務めています。21年1月には、サステイナブル(持続可能)な社会の実現をめざす若者のプラットフォーム・SWiTCHを立ち上げました。 環境活動家の露木志奈(つゆき・しいな)(20) 「世界一エコな学校」と言われるインドネシア・バリ島の「グリーンスクール・バリ」で高校時代を過ごし、19年に慶応大学に入学。20年11月に休学し、全国の中学や高校で環境をテーマにした講演活動をしています。COP24、25への参加経験もあります。21年9月に始まったSDGs ACTION!のシリーズ「#チェンジメーカーズ」でも思いを語っていただきました。 東京大学農学部獣医学専修3年生の髙橋大輝(たかはし・ともき)(22) 大学2年生だった20年6月、みずほフィナンシャルグループの株主総会に株主として参加して質問に立ち、石炭火力発電事業への融資に対する経営陣の姿勢を問いただしました。現在は、東大の学内で気候変動に取り組むカルチャーをつくることをめざす団体「Climate Action UT」で、気候変動を学べる資料の作成などの活動をしています。 コメンテーター 山岸尚之さん 世界自然保護基金(WWF)ジャパン気候エネルギー・海洋水産室長。 「そもそもCOPって?」「COP26の注目点とは?」といった基礎知識も解説。   *ウェビナー内容をまとめた記事はこちらに掲載されています [edgtf_button size="" type="" text="Youtube配信アーカイブはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.youtube.com/watch?v=qH7wJPaivZ4" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

「CEN Youthサミット」に代表理事 佐座が登壇   主催 CEN学生青年委員会 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 登壇日時 2021年10月26日(火)14:00~16:00 進行 司会/ファシリテーター 東京大学大学院  山口 空 CEN学生青年委員/東京大学農学生命科学研究科研究科 鳥井 要佑 NPO法人ゼリ・ジャパン理事長  更家 悠介 CEN運営委員長/東京大学名誉教授  山本 良一 登壇者 1.Mock COPコーディネーターが考える若者の環境活動 一般社団法人SWiTCH代表理事  佐座 槙苗 2.都市のレジリエンスを高めるマイクロバイオームインフラ 株式会社BIOTA代表取締役  伊藤 光平 3.グリーンで安価なエネルギー供給で目指すグリーン革命 EnergyShift 総括編集長  前田 雄大 4.東京大学が目指すサステナブルな社会への貢献 東京大学理事/グローバル・コモンズ・センターダイレクター  石井 菜穂子 講評 グリーン購入ネットワーク代表理事 / CEN事務局長  竹内 光男 [edgtf_button size="" type="" text="サミット開催概要はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.zeri.jp/cen/news/2021/10/13/1388/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

当日は若者から寄せられた5つの質問に江守先生が答えてくださいました。 オンラインで次々に上がってくる質問にお答えいただき、活発な話し合いが行われました。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生紹介: 江守 正多 -Emori Seita - 1970年神奈川県生まれ。 1997年に東京大学大学院 総合文化研究科 博士課程にて博士号(学術)を取得後、国立環境研究所に勤務。2021年より地球システム領域 副領域長。社会対話・協働推進室長(Twitter@taiwa_kankyo)。東京大学 総合文化研究科 客員教授。専門は気候科学。IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第5次および第6次評価報告書 主執筆者。著書に「異常気象と人類の選択」「地球温暖化の予測は『正しい』か?」、共著書に「地球温暖化はどれくらい『怖い』か?」「温暖化論のホンネ」等。 ...

当日は若者から寄せられた5つの質問に清水先生が答えてくださいました。 オンラインで次々に上がってくる質問にお答えいただき、活発な話し合いが行われました。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 講師紹介 清水 弘美(Shimizu Hiromi ) 八王子市立浅川小学校 校長 特別活動で学校経営に取り組み、子供たちの自己肯定感を高め楽しい学校生活を実現。全国小学校学校行事研究会会長他、特別活動の研究会を牽引。 環境省、森里川海プロジェクトアンバサダー。令和2年度ユネスコスクールのESD大賞にて最優秀賞受賞。     (レポート準備中) ...

当日は若者から寄せられた5つの質問に渡邊先生が答えてくださいました。 オンラインで次々に上がってくる質問にお答えいただき、活発な話し合いが行われました。 詳しくは当ページ下部のレポートをご覧ください。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生紹介: 渡邊 智惠子 -Watanabe Chieko - 株式会社アバンティ代表取締役会長 1985年株式会社アバンティを設立。日本でのオーガニックコットンの製品製造のパイオニア。企業活動以外に、オーガニックコットンの啓蒙普及と認証機関としてのNPO日本オーガニックコットン協会(JOCA)を設立。グローバルスタンダード(GOTS)の基準作りにも関わる。これまで活動、実績が評価され、2005年国際オーガニック繊維品会議でオーガニックコットン繊維賞を受賞。2009年毎日ファッション大賞受賞、2010年日経ビジネスウィメン、リーダー部門受賞、NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀」に社会起業家として取り上げられる。その後、2016年一般財団法人森から海へ設立、代表理事就任。2017年一般財団法人22世紀に残すもの 発起人として活動を始める等各分野でも活動している。今年2021年3月には一般社団法人サーキュラーコットンファクトリーを設立し、繊維の循環システムづくりを目指す。   Message from Watanabe Chieko 私たちの生活の中でなくてはならないものは衣食住であります。 どうしてこの衣、食、住、の順番になっているのでしょうか? この世の中にお母さんのお腹の中からぽっこり生まれ落ちた時に一番先に必要なのが「おくるみ」身体を包むもの、その次がオッパイ、そして住むところです。 このようにとても大事な「衣」の部分が実は大きな環境破壊と人道的搾取があります。 最近はユニクロが新疆ウイグル地区における強制労働の中で製品作りをしているということで、アメリカへの販売ができなくなった事、記憶にあると思います。 そのような事が世界で起きています。 多くの犠牲を強いて作られてる「衣」の現状を知り、その解決策を皆さんで探っていきませんか? [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2021/08/20210911_渡邊報告書.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...

当日は若者から寄せられた5つの質問に堅達先生が答えてくださいました。 オンラインで次々に上がってくる質問にお答えいただき、活発な話し合いが行われました。 詳しくは当ページ下部のレポートをご覧ください。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生紹介: 堅達 京子 - Gendatsu Kyoko - NHKエンタープライズ〜エグゼクティブ・プロデューサー 1965年、福井県生まれ。早稲田大学、ソルボンヌ大学留学を経て、1988年、NHK入局、報道番組のディレクター。2006年よりプロデューサー。NHK環境キャンペーンの責任者を務め、気候変動やSDGsをテーマに数多くの番組を放送。NHKスペシャル『激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃』 『2030 未来への分岐点 暴走する温暖化 “脱炭素”への挑戦』 BS1スペシャル『グリーンリカバリーをめざせ!ビジネス界が挑む脱炭素』など。2021年8月、株式会社NHKエンタープライズに転籍。日本環境ジャーナリストの会副会長。環境省中央環境審議会臨時委員。文部科学省環境エネルギー科学技術委員会専門委員。世界経済フォーラムGlobal Future Council on Japanメンバー。主な著書に『脱プラスチックへの挑戦 持続可能な地球と世界ビジネスの潮流』。   Message from Gendatsu Kyoko   いま、私たちは大きな分岐点に立っています。 気候危機を食い止め、みんなが幸せに自分らしく暮らせるサステナブルな社会をつくることができるのか。それとも、地球の防衛ラインといわれる産業革命前からの1.5度の気温上昇を突破して、温暖化のドミノ倒しが起きかねない、危険な世界で生きていくのか。 大量生産・大量消費・大量廃棄というこれまでの経済のあり方では、地球の限界を超えてしまいます。未来を変えるカギを握っているのは、実際に、この新しい激動の時代を生きていく若者たちです。 今年は、国連IPCCの第6次評価報告書の発表、生物多様性のCOP15、そして気候変動のCOP26という人類の未来を決めるイベントが相次ぐ、重要な年。 若者たちに何ができるのか? 気候危機の現状を知り、どうやって行動を起こしていけるのか? 一緒に考えていきましょう。   [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2021/08/2021_08_19教えてサステナブル先生堅達報告書202100822_FINAL_2.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]   ...