Alienum phaedrum torquatos nec eu, vis detraxit periculis ex, nihil expetendis in mei. Mei an pericula euripidis, hinc partem.

Archive

サステナブルな未来にしたいけれど、何をどうすればいいのか、わからないことだらけ。 自然が壊れても、人権を無視しても、生物がいなくなっても、 売上の方が大事という社会のままでいいと思いますか? もし「自然資本」「人的資本」「人口資本」の価値も数値化できるようになったら、 サステナブルな社会が実現できるのでは? 「教えてサステナブル先生!」では、さまざまな分野の専門家をお招きし、みなさんの質問に答えていただきます。 あなたが知りたいと思うことは、きっと他の人も知りたいはず。 この機会にどしどし質問して、理解の幅を広げましょう。   「国内167の石炭火力ゼロに向けて」   開催概要 日程:2022年10月8日(土) 10:00〜12:00 JST 形式:Zoom開催・参加費無料 対象:年齢制限なし 予定している内容: レクチャー 桃井先生の気候変動アクションのスタートはオゾン層保護から 世界の1/3のエネルギー、日本の電力供給の26.5%が石炭火力の現状 石炭火力による気候変動の健康への影響 2030年の石炭火力ゼロに向けて取り組めること インターラクティブなQ&A 桃井貴子先生に好きな質問を投げかけよう! まとめ サステナブル先生紹介: 桃井貴子(Takako Momoi)先生 気候ネットワーク東京事務所長   大学在学中よりオゾン層保護のための活動に取り組み、卒業後は環境NGO職員となる。衆議院議員秘書や全国地球温暖化防止活動推進センターの職員を経て、2008年より気候ネットワークスタッフとなる。2013年より現職。エネルギー・気候変動問題を中心に取り組み、様々な団体と連携し、原発もない、温暖化もない持続可能な未来をめざし、政策提言や市民啓発など幅広く活動を展開している。現在は、日本の石炭火力発電所を2030年までにゼロにすることをめざす「Japan Beyond Coal」など展開している。 気候ネットワークについてはこちら   [edgtf_button size="" type="" text="参加登録はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://bio.us6.list-manage.com/track/click?u=6945d850f5ec993846ed71274&id=6fdb7b76b4&e=a023956075" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...

9月14日、オンラインで開催された「株式会社日立製作所主催 Z世代と企業リーダーが語る!社会貢献をビジネスにするには?~社会課題を自分ごと化して創る未来~」に登壇しました。佐座はキーノートスピーチを行い、パネルディスカッションに参加しました。 ーーー 登壇概要 日時:2022年9月14日(水)15:00~17:15 開催形式:Youtube Live 参加費:無料 主催/日立製作所 研究開発グループ 社会イノベーション協創センタ 協力/株式会社日立アカデミー、SHIBUYA QWS ーーー <Sessions> [プログラム1 ] 一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座 槙苗 氏 キーノートスピーチ [プログラム2] 株式会社Gab 代表取締役CEO 山内 萌斗 氏 キーノートスピーチ [プログラム3 (パネルディスカッション)] 東急株式会社 常務執行役員 東浦 亮典 氏 一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座 槙苗 氏 株式会社Gab 代表取締役CEO 山内 萌斗 氏 株式会社日立製作所 イノベーション成長戦略本部副本部長 森 正勝 株式会社日立アカデミー 取締役社長 迫田 雷蔵 ※進行 佐藤 雅彦(株式会社日立製作所) <登壇者> 東浦 亮典(とううら・りょうすけ) 東急株式会社 常務執行役員(フューチャー・デザイン・ラボ、 沿線生活創造事業ユニット 管掌 沿線生活創造事業部長) 1985年、東京急行電鉄(現・東急)入社。 自由が丘駅駅員、大井町線車掌研修を経て、都市開発部門に配属。 その後、東急総合研究所に出向し、復職後は、商業施設開発やコンセプト賃貸住宅ブランドの立ち上げなど、新規事業を担当。 佐座槙苗(さざ・まな) 一般社団法人SWiTCH 代表理事 1995年生まれ。カナダUBC卒業。ロンドン大学大学院 サステナブル・ディベロプメントコース在学中。2020年、COP26の延期を問題視した若者たちが設立した「Mock COP26」のグローバルコーディネーターに就任。140ヵ国の代表をまとめ、COP26と各国首相に18の政策提案を行い世界的な注目を浴びる。今年1月、若者のアイディアや意見を大人世代がサポートし、循環型社会をつくるプラットフォーム「一般社団法人SWiTCH」を設立。代表理事として活躍。 山内 萌斗(やまうち・もえと) 株式会社Gab 代表取締役CEO 2000年、静岡県浜松市生まれ。静岡大学情報学部行動情報学科2年次休学中(22歳) 東京大学起業家育成プログラムEGDE-NEXT2018年度、同プログラムシリコンバレー 研修選抜メンバー、MAKERS UNIVERSITY 5期生 水野雄介ゼミ代表。大学一年次の2月にシリコンバレーを訪れた際に、人類の存続に必要不可欠な「must haveな事業」をつくることを決意し、同年12月に「ポイ捨てをゼロにする。」ことをミッションに掲げ、株式会社Gabを創業。現在3期目。フォロワー3.9万人のInstagramアカウント「エシカルな暮らし」の運営や、ゲーム感覚ゴミ拾いイベント「清走中」を全国展開など、「社会課題解決の敷居を極限まで下げる。」ことをミッションに掲げて複数の事業を展開中。 森 正勝(もり・まさかつ) 株式会社日立製作所...

「プラントベースフードで世界を救える!?」   開催概要 日程:2022年9月10日(土) 10:00〜12:00 JST 形式:Zoom開催・参加費無料 対象:年齢制限なし サステナブル先生紹介: 葛西 裕之 (Hiroyuki Kasai)   Future Protein Farm 代表。伊藤忠商事にて一貫して食料ビジネスに携わる。 主に砂糖やカカオ豆、チーズのトレーダーとして全世界をフィールドに第一線で活躍する。過去や慣例に執着しない本質の追求を大切にし、ユーザーを起点とした新しいサービスや商品を創り出してきた。駐在地は上海、北京、台北そしてバンコク。 2018年4月に伊藤忠商事で初のアクセラレータープログラムを起案・主導するほか、Digital Meets ITOCHUやInnovation Leaders Forumなどの新たな試みを次々に導入。現在は、Future Protein Farmの代表として「100億人の食と緑の惑星の未来」への終わりなき共挑活動を続けている。 これまでに農林水産省フードテック官民協議会 PBF普及推進WTリーダー、NEDO「サステイナブルフードに関する検討委員会」委員などを務める。 Future Protein Farm についてはこちらをご覧ください(15ページ)。   [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2022/09/20220909_葛西報告書.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...

Guest Speakers [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"]     駐日スウェーデン大使 ペールエリック・ヘーグベリ 大使 2019年秋に着任。駐日大使着任前の3年間は、駐ベトナム大使を務める。 スウェーデン外務省アフリカ局局長、スウェーデン芸術評議会国際部課長および在南アフリカスウェーデン大使館一等書記官などを歴任。     ボルボ・カー・ジャパンCEO マーティン・パーソン 氏 1971年、スウェーデン生まれ。1996年、交換留学で初来日。翌年帰国し、リンシャーピン大学大学院理学修士号、ボルボ大学院開発プログラムを取得。1999年、ボルボ・ジャパンに入社。キャリアを積み、2008年、本国のボルボ・カー・コーポレーションのグローバルCRM責任者に就任。 その後、ロシア、中国に赴任し、ボルボ・カー・ロシア社長などを経て、2020年10月から現職。   ファシリテーター SWiTCH代表理事 佐座 マナ ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン大学院 サステナブル・ディベロプメントコース在学中。COP26日本ユース代表。100万人のサステナブルアクションPROJECT推進中。     Timetable [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"]   当日の様子 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 当日は会場となったSHIBUYA QWSに計118名が集まりました。前半は、ヘーグべリ大使とパーソン社長のプレゼンテーションを通して、スウェーデンのサステナブルなモビリティの取り組みを学びました。 後半の対話形式のディスカッションでは、若者からの質問にヘーグべリ大使とパーソン社長が次々答え、和やかな雰囲気の中、活発な意見交換が行われました。セッション終了後はFIKAタイムとなり、MODE COFFEEとスウェーデンのお菓子をいただきながら、登壇者と参加者が交流しました。   (SWiTCH撮影) 開催概要 日時:2022年8月25日(水) 18:00~21:00 JST 会場:渋谷キューズ/スクランブルスクエア15階 対象:【会場】大学生・20代 定員:【会場】118名 形式:対面、参加費無料 言語:日本語+英語(同時通訳あり) 主催/一般社団法人SWiTCH 共催/スウェーデン大使館、SHIBUYA QWS 協力/ボルボ・カー・ジャパン株式会社 [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2022/09/第2回教えてサステナブルWORLD報告書_FINAL.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

来る10月7日、オンラインで開催される日経バリューサーチフォーラム「新価値創造で開くサステナ社会の扉」に登壇します。佐座はパネルディスカッションに参加します。 [edgtf_button size="" type="" text="セミナー参加申込はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://nvs.nikkei.co.jp/research/20221007-forum/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ーーー 企業に求められる「地域社会との連携」と「次世代につなぐバトン」とは? 気候変動リスクが強く意識され、持続可能な社会を構築するために企業が求められる役割は一段と大きくなっています。特に不可欠なのは地域社会との連携。そして次世代につなぐバトン。 本フォーラムでは各界・世代の有識者を招き、SDGs(持続可能な開発目標)の達成を視野に入れ、企業や地域社会が新しい価値を創造しながら、「サステナブル社会」を築く道筋を探ります。 講演では、東急不動産の代表取締役社長 岡田正志氏、東京大学未来ビジョン研究センター教授の高村ゆかり氏に登壇いただき、環境共生をはじめとした持続可能な未来への取り組みについて語ります。また「SDGs未来都市」に選定された沖縄県恩納村から長浜善巳村長が自然環境にやさしい地域づくりの事例を紹介します。 パネル討論では、次世代を牽引する若きリーダーと産学のプロフェッショナルが、分野や世代をまたいで未来に向けた創造をテーマに語ります。 ーーー <Sessions> [基調講演1] 環境先進企業の地域社会への貢献 岡田 正志氏(東急不動産株式会社 社長) [基調講演2] 持続可能な社会をつくるヒント 高村 ゆかり氏(東京大学未来ビジョン研究センター 教授) [特別スピーチ・ビデオでのご登壇] SDGs未来都市・恩納村の地域戦略 長浜 善巳氏(沖縄県恩納村長) <パネル討論>  次世代につなぐサステナブル社会 佐座 槙苗 一般社団法人SWiTCH代表理事 (ロンドン大学大学院在学中) 鳥井 要佑氏 東京大学 One Earth Guardians育成プログラム 受講生 勝見 仁泰氏 株式会社アレスグッド 代表取締役CEO 高村 ゆかり氏 東京大学未来ビジョン研究センター 教授 松本 恵氏 サステナブル・デザイン株式会社 代表取締役 前野 雅弥(モデレーター) 株式会社日本経済新聞社 BRG解説委員 ーーー 登壇概要 日時:2022年10月7日(金)13:30~15:30 開催形式:Teamsライブイベントでのオンラインライブ配信 参加費:無料(参加申込み受付中) 主催/株式会社日本経済新聞社 情報サービス部門 情報サービスユニット 協力/東急不動産株式会社 [edgtf_button size="" type="" text="セミナー参加申込はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://nvs.nikkei.co.jp/research/20221007-forum/" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color=""...

8月25日に佐座マナが登壇した「ブループラネット賞創設30周年記念シンポジウム」についての報告記事が、朝日新聞DIALOGに掲載されました。佐座が中心となってユースメンバーととりまとめを行った「ユース環境提言」全文も掲載されています。 [edgtf_button size="" type="" text="オンライン記事はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.asahi.com/dialog/articles/14698627" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ーーーーーーーーーー 掲載日 2022年8月 26日 タイトル 「行動しよう これからの世代、未来の地球のために」 〈ブループラネット賞創設30周年〉歴代受賞者と若い世代が提言 掲載媒体 朝日新聞DIALOG [edgtf_button size="" type="" text="朝日新聞1面広告はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2022/09/15d_bppyouth_220825.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]  ...

HITACHIのオンラインメディア「 Executive Foresight Online」 "ニューリーダーが開拓する新しい未来シリーズ"に、佐座マナのインタビュー記事が掲載されました。 SWiTCHや佐座マナのこれまでの活動や、現在行っているプロジェクト、そしてこれからのビジョンについて、3回に渡り、とても丁寧に綴っていただきました。拠点とするSHIBUYA QWSでの活動も紹介いただいています。 [edgtf_button size="" type="" text="第1回記事はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.foresight.ext.hitachi.co.jp/_ct/17562182" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] 掲載日 2022年8月31日、9月1日、9月2日 掲載媒体 株式会社日立製作所「Executive Foresight Online」 記事一覧 第1回「Z世代のサステナリテラシーをさらに上げたい」 第2回「少子化で若者の奪い合いになる日本」 第3回「日本をサステナ先進国にする道を探る」...

旭硝子財団が、ブループラネット賞創設30周年を記念し、 8月25日に浜離宮朝日ホールで開催したシンポジウムに佐座が登壇しました。 シンポジウムでは過去の受賞者3名の記念講演と環境に関する共同提言の発表が行われ、佐座は同シンポジウム内の「日本の若者による環境提言の発表」および「受賞者と若者によるパネルディスカッション」に登壇し、「ユース環境提言」を発表しました。 受賞者とユースメンバーは「人類が今するべきこと」についてそれぞれ提言を発表。 若い世代、そして未来の世代を意識したメッセージを打ち出しました。 ユース提言作成に向け、受賞者とユースが議論してきた様子はこちら。 *ブループラネット賞とは 1992年の創設。環境問題の解決に向けて貢献した個人や団体に贈られ、 「環境分野のノーベル賞」とも呼ばれます。 ーーー 登壇概要 日時:2022年8月25日(木) 会場:浜離宮朝日ホール シンポジウム参加者: 【ブループラネット賞受賞者】 ・ルーヴァン・カトリック大学(ベルギー)、スタンフォード大学(米国) エリック・ランバン教授(2019年受賞) ・オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)、オーストラリア国立大学 ブライアン・ウォーカー教授(2018年受賞)リモート参加 ・ミネソタ大学(米国) デイビッド・ティルマン教授(2020年受賞)ビデオ講演 ユースメンバー: 国際環境NGO 350.org Japan 伊与田昌慶さん Fridays For Future Yokosuka 原有穂さん 一般社団法人SWiTCH 佐座マナ 生物多様性わかものネットワーク 小林海瑠さん、稲場一華さん 主催/旭硝子財団 共催/持続可能な社会に向けたジャパンユースプラットフォーム(JYPS) 協力/朝日新聞社 [edgtf_button size="" type="" text="ユース環境宣言全文はこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.af-info.or.jp/blueplanet/news/statements2022.html#text" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...

大阪・関西万博まで、あと1000日。 関西SDGsプラットフォーム大学分科会により開催された 「万博大学連合イニシアティブ |キックオフイベント」(TEAM EXPO FES同時開催)に佐座が登壇しました。 ーーーーーーーーーーー 登壇概要 日時:2022年7月24日(日)10:00〜12:45 形式:対面/オンライン同時配信 リアル会場:大阪大学箕面キャンパス 外国学研究棟1階 大講義室(定員150名) オンライン:Zoomウェビナー(定員1,000名) 参加費:無料 主催/関西SDGsプラットフォーム大学分科会 後援/公益社団法人2025年日本国際博覧会協会、一般社団法人関西経済同友会、 公益社団法人関西経済連合会、関西広域連合、近畿経済産業局、 JICA、大阪大学社会ソリューションイニシアティブ(SSI)、他 イベントチラシPDF ーーーーーーーーーーー 登壇プログラム (敬称略) 11:00 第2部 ユースの万博アクション・ビジョン 加畑 佑基   甲南大学他、(株)CSK 、分科会メンバー  <福祉> 佐座 マナ   ロンドン大学(UCL)他、(一社)SWiTCH、分科会メンバー  <環境教育> 飯塚 遼馬   立命館大学他、inochi W AKAZO Project   <医療・健康> 相川 佳苗   神戸大学、AIESEC  <国際交流> 右近 宣人   神戸大学、Re-generation  <産学連携> 坂本 翼    大阪公立大学、HONAIKUDE  <万博・大学連携> 菅 理央    神戸情報大学院大学、個人  <多文化共生・包摂> 鈴木 千花   APU、Japan Youth Platform for Sustainability(JYPS) <アドボカシー> 堤 朋子    大阪公立大学、V-station  <ボランティア> 水本 彩葉   関西学院大学、Re.colab KOBE(リコラボ) <里山再生・ブルーカーボン> 吉田 洵    大阪大学、a-tune  <万博・音楽・大学連携> ◆司会 : 高橋真央...

「20代から熱い支持を得るブランドのスピリットとは?」   開催概要 日程:2022年7月9日(土) 10:00〜12:00 JST 形式:Zoom開催・参加費無料 対象:年齢制限なし サステナブル先生紹介: 蓑輪 光浩 - Mits Minowa - オールバーズ合同会社 マーケティング本部長。 1997年NIKE JAPAN入社。ワールドカップ、箱根駅伝、NIKEiDをはじめとしたマーケティングに携わる。2008年にNIKE EUROPE赴任。2011年よりユニクロにて、錦織圭らトップアスリート契約、PR広告戦略、商品開発に携わる。2016年よりレッドブル入社しフィールド・マーケティングを統括。2018年にビル&メリンダ・ゲイツ財団 東京オリンピック プロジェクトマネージャー就任。2019年より現職。 [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://switch.bio/wp-content/uploads/2022/07/20220709_蓑輪報告書.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...