Alienum phaedrum torquatos nec eu, vis detraxit periculis ex, nihil expetendis in mei. Mei an pericula euripidis, hinc partem.

Archive

当日は若者から寄せられた5つの質問に古稲先生が答えてくださいました。 オンラインで次々に上がってくる質問にお答えいただき、活発な話し合いが行われました。 詳しくは当ページ下部のレポートをご覧ください。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生: 古稲 計 - Koine Hakaru - 上智大学外国語学部卒。YKK 株式会社、YKK(USA)SVP、YKK 上海 営業部長、海外営業部長、知的財 産保護 G 長等やフェアトレードラベルジャパン シニアアドバイザーを経て、 学校法人文化学園非常勤講師。一般社団法人 NAP シニアアドバイザー。フェ アトレードタウンむさしの委員。 シニアプロシューマ―( 生産消費者 )* としてサステナビリティの推進活動にチャレンジ中。 *1980 年の米国の未来学者アルビントフラー教授の造語ですが、生活者の立場からも のを作り上げたいという意味で、独りよがりに使っています。   Message from Koine Hakaru コンプライアンス、CSR,CSV, エシカル、ソーシャル、サステナビリティ等沢 山の言葉とそれを意味する対象は沢山あり、混乱気味ですが、一緒に学びま しょう。 [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="/wp-content/uploads/2021/07/susteacher_210425.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...

当日は若者から寄せられた5つの質問に馬奈木先生が答えてくださいました。 オンラインで次々に上がってくる質問にお答えいただき、活発な話し合いが行われました。 詳しくは当ページ下部のレポートをご覧ください。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生: 馬奈木 俊介 - Managi Shunsuke - 九州大学大学院工学研究院 教授 九州大学 主幹教授、都市研究センター長、総長補佐。第 16 回日本学術振興会賞受賞。 国連「新国富報告書 2018」代表、国連「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」代表執筆者、国連「生物多様性及 び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」(IPBES)統括代表執筆者、OECD(経済協力開発機構 貿易・環境部会)副議長、2018 年世界環境資源経済学会共同議長などを歴任。 [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="/wp-content/uploads/2021/07/susteacher_210606-2.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...

「貧困」「平等」「気候変動」「資源の枯渇」・・・ 私たちの身の回りを取り巻く問題は多岐にわたり、それらの問題は、今や世界次元にまで引き上がっています。果たして、10年後、20年後、50年後に私たちが暮らす地球社会は一体どのような姿になっているでしょうか。近年においては、新型コロナウイルスの脅威をはじめ、国内外で様々な社会問題や環境問題が叫ばれ、将来に対する不安は拭いきれない状況下にあります。子供世代、孫世代までもが安心して暮らすことのできる世の中をいかにしたらつくることができるでしょうか。 そんな問いに答えるべく、「大学内でSDGsを推進したい!」という有志学生たちの声によって、カレッジサミットは立ち上げられました。 [ PASSION × KNOWLEDGE  = SOLUTIONS ] 「日本の未来、世界の未来を見過ごすわけにはいかない、私たちにもできる何かがある」そんな信念に基づいて、「College Summit for Peace in KYUSHU2021」は、大学内に教授と学生のSDGsプラットフォームを提供します。教授が専門分野において究めてきた学問の知識(knowledge)と、学生がうちに秘める情熱(passion)が掛け合わさった時、社会の問題を解決し、未来を創造する力(solution, innovation)が生まれると私たちは考えます。ここで多くの学生や教授がSDGsに対する認識を深め、世界を変える新たな発想、力が生み出されることを期待しています。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 【イベント概要】 ◎日時:2021年7月10日(土)14:00~17:00 ◎登壇者(学生プレゼン):一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座槙苗(さざ・まな)氏 ◎参加料:無料 ◎オンライン配信のみ ◎主催:「College Summit for Peace in KYUSHU」2021 実行委員会 [edgtf_button size="" type="" text="詳しくはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://collegesummitkyush.wixsite.com/website" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...

福岡の未来について考える「SDGs家族会議 in FUKUOKA-わたしたちの2030をデザインしよう-」を開催します。家族単位で参加する全7回のサークル活動(グループワーク)で、福岡の未来設計図を一緒に議論し考えてくれる家族を対象としています。 2050年の海。魚よりプラスチックの量が多くなるってホント?私たちにできることは?「SDGs家族会議 in FUKUOKA」の第3回講師としてお話します。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 【イベント概要】 ◎タイトル:「カメさんはどんな海で泳いでる?」 ◎日時:7/17(水)16:00~17:30 ◎登壇者:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座槙苗(さざ・まな)氏 ◎オンライン配信のみ ◎対象者:小学生~中学生(小学4年生~推奨)を含む家族 ◎参加登録:締め切り終了 ◎主催:福岡市科学館 ◎共催:RKB毎日放送株式会社、嘉穂無線ホールディングス株式会社、九州電力株式会社、九州旅客鉄道株式会社、西部ガスホールディングス株式会社 ◎協賛:つくし会、西日本シティ銀行、未来工房 ◎協力:六本松蔦屋書店、EduTownSDGs アライアンス(株式会社日経BP/株式会社TREE/東京書籍株式会社) [edgtf_button size="" type="" text="詳しくはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.fukuokacity-kagakukan.jp/activity/2021/04/65sdgs-in-fukuoka.html" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

パルコが運営するコワーキングスペースでは、「好きと好きの間に」をコンセプトに、働く場所だけでなく、コミュニティやカルチャー、スモールビジネスが生まれる場所として様々なイベントを開催しています。 SkiiMaの主催するイベントの一つ、SkiiMa Talkでは様々な方にご登壇頂きお話を伺っています。 今回は、サステナブルな社会に向け、グローバルに活動されるZ世代のオピニオンリーダーをゲストに、世界の動向から日本での取り組み方など実践する為の「サステナブル・デザイン」について学んでいきます。 2015年国連で採択された、人間と地球が継続的に反映していく為の目標「SDGs」。 メディアやSNSなどで見ることが多くなり、知る機会も増えました。それがこれから先の未来にとって大事なことなのだということは理解できたとしてもその社会課題に対し、企業も個人もどう向き合ったらよいか手探り状態です。 パルコは社員と共にみなさんととSDGsについて深く理解し、取り組んでいくきっかけとして、このオンライントークショーを開催します。 [edgtf_button size="" type="" text="ライブ配信録画を視聴" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://www.youtube.com/watch?v=3LhIr6g7lNI" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] 【イベント概要】 ◎タイトル:SkiiMa Talk with SWiTCH サステナブルな2025を実現するためのデザイン ◎日時:7/14(水)13:30~14:30 ◎登壇者:一般社団法人SWiTCH 代表理事 佐座槙苗(さざ・まな)氏 ◎参加料:無料 ◎オンライン配信のみ ◎主催/企画制作:PARCO ◎共催:一般社団法人SWiTCH [edgtf_button size="" type="" text="詳しくはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="https://skiimatalkwithswitch-210714.peatix.com" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""]...

当日は若者から寄せられた5つの質問に鈴木先生が答えてくださいました。 オンラインで次々に上がってくる質問にお答えいただき、活発な話し合いが行われました。 詳しくは当ページ下部のレポートをご覧ください。 [edgtf_separator class_name="" type="normal" position="center" color="#008B9C" border_style="" width="100px" thickness="2px" top_margin="30px" bottom_margin="30px"] サステナブル先生: 鈴木 素 - Suzuki Moto - hap株式会社 代表取締役。 世界初の快適多機能性素材「COVEROSS®シリーズ」を手掛け、ファッションの提案・企画・生産管理も行う。また、製造過程で化学薬品を極力使わず、水や電力の消費を半分に抑える技術の開発も行う。 フィンランドのサーキュラーエコノミー開発団体『telaketju』に日本企業で唯一加盟。   Message from Suzuki Moto 「天然繊維等にも同時に最大10個程度の機能性(抗菌や消臭・・・」 下記のようなお話をしたいと思います。 ⭐︎アパレル産業は石油業界の次に環境負荷が高い!? ① 日本の洋服自給率(輸入浸透率) ② 洋服のリサイクル比率は?→年間30億枚生産され売れ残りが14億枚、その殆どが廃棄へ ③ 化繊とコットンとレーヨン等の生産比率や環境負荷の特性 ④ 洋服のサプライチェーンと人権問題等 ⑤ ヨーロッパのサーキュラーファッションに対する考え方や取組み ⑥ 日本のサーキュラーファッションの取組み等 ⑦ hapのサーキュラーファッションの取組み等 ⑧ スマートウェアやテクノロジーによる変化による将来の洋服の可能性? ⑨ 日本でサーキュラーファッションを普及させるためには?   [edgtf_button size="" type="" text="レポートはこちら" custom_class="" icon_pack="font_awesome" fa_icon="" link="/wp-content/uploads/2021/06/2021_08_19教えてサステナブル先生鈴木報告書20210704.pdf" target="_blank" color="" hover_color="" background_color="" hover_background_color="" border_color="" hover_border_color="" font_size="" font_weight="" margin=""] ...